シンガポール★ワーホリブログ|ワーキングホリデー|海外インターンシップ|留学|海外就職|

シンガポールでワーキングホリデーに参加した皆さんのブログ。日本の四大在学中・四大卒の18-25才の方が参加できます。

34.マーライオン!

      2018/06/26

こんにちは!Mikaです🙌💕

突然ですが、
シンガポールといえば!
マーライオンですね🐆

渡星8ヶ月目にして、今更ながらマーライオンのお話をしてみようと思います。

何故か私はマーライオンがすごく好きで、
少なくとも月に2回はマーライオンを見に行っております。
渡星してから30回以上は行っているはずです。
なので、1月~2月のマーライオンお掃除期間はとても寂しかったです😂

大体飲み会の後、徒歩でマーライオンパークに行くことが多いです🍻
金土2日連続でマーライオンを見に行ったこともあります。😎笑

日中~23時くらいまでだと、
マーライオン周辺は観光客でわしゃわしゃしていますが、
深夜2時~3時だとあまり人がいない!
(いることはいます。)

Googleなどで「マーライオン 水 時間」と検索すると、
23時に水が止まるという情報が多く見受けられます。
しかし、私の体験では深夜1時すぎに水が止まることが多かったです!!!

↓水を吐いていないマーライオン

なので、よくあるマーライオンから水が噴き出ている写真が撮りたい人には、
深夜はオススメできません☹!
ですが、シンガポールフライヤーや、マリーナベイサンズ、
周りのオフィスビルは深夜でも十分綺麗にライトアップされているので、
ゆっくり静かにマーライオン鑑賞がしたい人には良いです😊

また、日本からシンガポールへ観光に来た友人や親せきの人に
「マーライオンて何?」という質問をよくされました。
確かにマーライオンとは何なのか考えたことが無かった…。

シンガポールはそもそも"Singapura"と呼ばれていました。
この国の国歌も"Majura Singapura"で昔の呼称のままですね🎵
サンスクリット語で"Singa"はライオン、"Pura"は街という意味だそうです。
シュリーヴィジャヤ王国の王子がこの土地に降り立った時、
ライオンを目にしたからこの名前が付きました。

しかし、この土地にはライオンは生息していなかったそうで、
きっと虎と見間違えたのだろう、とのことでした。

シンガポールの象徴となった獅子と、漁港で繁栄した街なので、魚を合わせたそうです。🐟
ちなみに"Mer"はフランス語で海を意味します。

ちっちゃいちっちゃい言われているマーライオンも、
一応このくらいの大きさはあります!!

マーライオンは世界三大ガッカリスポットだと言われることも多いですが、
私はマーライオンを誇りをもって紹介できます。

アナタもシンガポールでワーホリ・留学をしてみませんか?

「シンガポール留学支援センター」はシンガポール留学・ワーキングホリデーをサポートする日本人専門の現地留学エージェントです。シンガポール在住歴の長い日本人スタッフが皆さんのシンガポール留学・ワーホリをお手伝いさせて頂きます。詳しくは以下のホームページをご覧ください。

おすすめの記事

 - Mikaのインターン日記, ワーホリ日記@シンガポール