シンガポール★ワーホリブログ|ワーキングホリデー|海外インターンシップ|留学|海外就職|

シンガポールでワーキングホリデーに参加した皆さんのブログ。日本の四大在学中・四大卒の18-25才の方が参加できます。

33.クアラルンプール✈②

   

こんにちは!Mikaです☺
前回に引き続き、Kuala Lumpur編です。

バトゥ洞窟に行った後は、イスラム美術館に向かいました。
残念ながら写真は無いのですが、
世界各国の有名なモスクの模型や、コーラン、ミニアチュール、
各地域の民族衣装などが並んでいます。
美術館というよりは博物館でした。

その後、すぐ近くのムルデカ広場へ!

"Merdeka (ムルデカ)"はマレー語で"独立"を意味します。
ここでイギリスからの独立が宣言されたそうです。

この周辺にはたくさんのオシャレなビルやモスクが立ち並んでいます。
植民地時代の名残で、ヨーロッパにいるような感覚になります。

Robert Indianaのパクリ(?)、
Andrew LeeのI♡KLもこのすぐ近くにありました😐

クアラルンプール市街は交通網も発達しており、
シンガポールと同じような感覚で電車に乗ることが出来ます。

こんな普通のプラスチックのコインが
タッチ式の改札にちゃんと反応することに驚きました😳!!!
シンガポールのMRTは$1前後で非常に安いですが、
クアラルンプールの電車賃はそれ以上に安かったです。
タクシーだとどうしても渋滞に巻き込まれてしまうため、
電車移動もおすすめです🎵

帰国前に、クアラルンプールと空港の間にあるピンクモスクへ。
イスラム美術が好きなので、ツインタワー以上に楽しみにしていました✨

モスクというと、どうしても青のものが多いですが
ここはとっても綺麗なピンク。
モスクの中だけではなく、全てが同系色でまとまっており、
かわいかったです💓

シンガポールにあるモスクは土地の都合上か何なのか分かりませんが
規模が小さいです。
しかし、国教がイスラムのマレーシアでは中東に負けない位の立派なモスクが街中に見受けられます。

このピンクモスクの隣には、王様の住居"Istana"が。

前回のマラッカ同様、今回のクアラルンプールへの旅は
とっても面白く、充実していました🙌

クアラルンプールはマラッカとは雰囲気が全く異なっていて、
日本やシンガポールでは感じられない、
東南アジアならではの勢いがありました。

航空券は、復路を直前に購入した為、往復$130(≒¥10,000)で、
それ以外の交通費や宿泊費、食費など全て込みで¥15,000程度です。💸

「KLはやることがない」という人も多いですが、
とても楽しい場所でした😁

 

アナタもシンガポールでワーホリ・留学をしてみませんか?

「シンガポール留学支援センター」はシンガポール留学・ワーキングホリデーをサポートする日本人専門の現地留学エージェントです。シンガポール在住歴の長い日本人スタッフが皆さんのシンガポール留学・ワーホリをお手伝いさせて頂きます。詳しくは以下のホームページをご覧ください。

おすすめの記事

 - Mikaのインターン日記, ワーホリ日記@シンガポール