シンガポール★ワーホリブログ|ワーキングホリデー|海外インターンシップ|留学|海外就職|

シンガポールでワーキングホリデーに参加した皆さんのブログ。日本の四大在学中・四大卒の18-25才の方が参加できます。

19. クアラルンプールに週末旅行!!2日目!Masa!

      2018/10/04

こんにちは!

シンガポールにワーホリで来ているMasaです!

今回はマレーシア旅行2日目についてご紹介します!(1日目はこちら

朝9時ごろ家を出て、Batu Cave(バトゥーケーブ)へ!

宿泊先がPutraとPWTCの駅付近(路線図の真ん中少し上)だったので、PutraからBatu cave駅に向かうことにしました。

 

しかし、中々電車が来ません....

時刻表を確認したところ、最終的に50分近くかかることに気づきました....!!

Grabを試しましたが、位置情報が上手くいかなかったため結局待つことにしました。

Batu Caveには10時30分頃着きました。
※ここで1つポイントです!
改札を出た後直ぐ右側に掲示板があり、そこに帰りの電車の時刻表があるので確認しておくことをおススメします!

※ご覧のように1時間に1本ほどの間隔です

そしていよいよBatu Cave!!

日本の団体さんもお見えで、ガイドさんがペラペラの日本語を話されていたことに驚きました!!

以前はカラフルではなかった階段がこのようにカラフルになっています!!

早速私も登ってみることに!!

意外と急で疲れました(笑)

そしてここで注意点!!

写真のようなさるがたくさんいて、ジュースや小さいバナナ(売ってます)などを持っていると狙われます!!

実際にある男性が階段を登っている時に、このサルに取られているのを目撃しました...!!

驚くのは、ペットボトルの下部に穴をあけ、そこから自分で飲んでいるのです!!!!!

え、、人じゃん(笑)

っと唖然としてました.....

大事なものはかばんの中にしっかりしまっておきましょう!

そして頂上は洞窟になっていてその中にもさるや、鳥にえさをあげている従業員の方がいます。

ここでまた注意点!!
従業員?の方が初め、"えさをあげてみな"とフレンドリーに数個えさをくれます。そして次に袋に入った大量のえさを同じ感じでくれます

私は1度受け取りましたが他の観光客はもらっていなかったのでそのまま持っていると、RM10(約270円)と言われました。
※開けていない、いらないから返すと返すことができましたが、開けていたら払わなければならなかったです。

もちろんえさをあげたいという方はいいのですが!!

そういった被害を避けたい方は
相手からではなく自分から話しかけた人を信じる。
そうしていれば被害は極端に減らすことができると思います!!

洞窟の中はこんな感じです!

その後、Batu Caveの近くのお店で、Roti Plataを食べ、1つお土産にツインタワーの小さな模型を買いました!!

これと缶のコーラがついてRM7(約190円)と言われましたが、価格表示がなくその場で考えているような感じだったので交渉したところRM6(約165円)で食べられました!!

鉄板でその場で焼いてくれてあったかくとても美味しかったです!!!

ちなみにこの模型も交渉してRM9(約240円)になりました!!

最初に"Are you Japanese?"と聞かれ、日本人とわかると簡単な日本語と日本人価格を提示される気がします。。

それがとても悔しかったので私は粘りました。

その後、MASJID JAMEK駅(KL SENTRAL駅から2つ離れたところ)にこの写真を撮るために向かいました!

そこで新たな出会いが!

たまたま後ろに並んだ方が日本人の主婦の方(元バックパッカー)で1人でクアラルンプールにきているということで一緒に昼ご飯を食べ、おごってくださいました...!!

 

その他にも、ツインタワー近くの公園でのんびりしたりとリラックスできました!!

観光地としては他の市と比較すると確実に少ないクアラルンプールですが、そこに住んでいる人であったり、環境であったり、日本とは大きく異なるのでとても刺激になりました!!!

今回の旅行で驚いたこと、感じたこと、その他注意点などついては、次回のブログで紹介します!!

ここまでご覧くださりありがとうございます!!

写真とともに少しでもクアラルンプールについて知って頂ければ嬉しいです:D

それでは、 Have a good one!:)

アナタもシンガポールでワーホリ・留学をしてみませんか?

「シンガポール留学支援センター」はシンガポール留学・ワーキングホリデーをサポートする日本人専門の現地留学エージェントです。シンガポール在住歴の長い日本人スタッフが皆さんのシンガポール留学・ワーホリをお手伝いさせて頂きます。詳しくは以下のホームページをご覧ください。

おすすめの記事

 - Masaのインターンシップ日記, ワーホリ日記@シンガポール