シンガポール★ワーホリブログ|ワーキングホリデー|海外インターンシップ|留学|海外就職|

シンガポールでワーキングホリデーに参加した皆さんのブログ。日本の四大在学中・四大卒の18-25才の方が参加できます。

どのような仕事がありますか?

シンガポールのワーキングホリデーについて良く寄せられる質問

よく寄せられる質問の一覧に戻る

どのような仕事がありますか?

現状、最も仕事を見つけやすいのは日本食レストランです。シンガポールは日本食レストランが大ブーム、ここ最近も多くの日本食レストランがオープンしており、常に人手不足の状態です。実際、複数の日本人のレストラン経営者の方から、ワーキングホリデーの方を採用したいというお話を伺っています。多くの日本食レストランは日本人以外をターゲットにしています。その為、接客を通して実践の英語力を鍛えることも出来るでしょう。

また社会人経験者の方は、日系企業を中心に簡単な書類整理・データ入力などの事務全般の仕事も見込まれますが、どちらかといえば、長期的な雇用を望む求人が多いです。シンガポールでは駐在員の奥さんが簡単な手続きで働くことができます。最近はシンガポール赴任直前まで日本の職場で活躍していた20代から30代の仕事が出来る即戦力の奥さん(子供もまだいない)が増えています。パートの事務の仕事はこうした駐在員の奥さんにも人気がありますので、例えば仕事の能力が同じなら、より長期間働ける可能性が高い駐在員の奥さんが有利になると思います。但し稀に短期間限定の事務系の求人もある為、そういった仕事に上手くめぐり合うことができれば可能性はあります。

どの企業の方に伺っても、6ヶ月という期間の短さが採用の最大のネックになるようです。わずか6ヶ月の為にトレーニングをしていられない・・・というのが企業の偽らざる本音です。
それでも英語に問題がなくローカルスタッフの下でトレーニングできる人材(但しシンガポール人の英語を聞き取るのは慣れないうちはかなり苦労すると思います)ならまだ可能性はありますが、日本語で指示をださなければならないのでは、給与水準が高く忙しい日本人スタッフが直接トレーニングをしなければなりませんので、ビジネスとして割があいません。
その為、ワーキングホリデー後も引き続き就労ビザを取得して働くという前提での採用なら・・・という企業も多いのが現状です。アルバイトのワーキングホリデーよりも正社員として長く働ける人を求めているからです。

なお他国のワーキングホリデーで見られる「ツアーガイド」の仕事は、シンガポールではガイドのライセンスが必要になりますので、ワーキングホリデーでは出来ません。

よく寄せられる質問の一覧に戻る

公開日:
最終更新日:2015/09/10