シンガポール★ワーホリブログ|ワーキングホリデー|海外インターンシップ|留学|海外就職|

シンガポールでワーキングホリデーに参加した皆さんのブログ。日本の四大在学中・四大卒の18-25才の方が参加できます。

インターンシップ先は簡単に見つかりますか?

シンガポールのワーキングホリデーについて良く寄せられる質問

よく寄せられる質問の一覧に戻る

インターンシップ先は簡単に見つかりますか?

難しいか簡単かと言えば、難しいと思います。しかしそれはご自身次第だと思います。

シンガポールでも大学生向けのインターンシップはありますが、原則として日本人は対象とされていません。(英語に問題がなく難関大学在学なら別です)

企業がなぜインターンシップを受け入れるか、それは学生に就業体験の場を提供することで、良い人材の採用に結びつけることがインターンシップを導入する理由です。

しかし、シンガポールの企業にとって、原則として日本人の新卒を採用しようとは考えていません。

その為、インターンシップ先を見つけることは難しく、実現させるには、インターンシップの募集があるのを待っているのではなく、たとえインターンシップを募集していなくても、自らを売り込んでインターン生として雇ってもらうかにかかってきます。

それには、ご自身が、何をしたいか、何に興味があるか、どういう業種・職種で働きたいか、というのをじっくり考えてみることが大切です。やりたいことが明確になれば、それを弊社に教えてください。シンガポールで何が出来るか、どのような企業があるか、というアドバイスや情報提供を弊社でお手伝いできると思います。

ちなみに日本でインターシップをするとしたら、どのような会社のインターンシップに応募したいと考えますか? 日本では募集が数多くあると思いますので、インターネット等でそうした募集を探して、このようなインターンシップをしたい・・・という情報を頂いてもアドバイスしやすいと思います。

もう1つの方法として、大学のサークルやゼミのOBの方のコネクションを活用して、OBの方が勤める企業にシンガポール支社があれば、紹介して頂くという方法も考えられます。

弊社でもインターンシップを採用しています。弊社でのインターンシップに興味をお持ちの方はこちらの募集要項をご覧ください。

よく寄せられる質問の一覧に戻る

公開日:
最終更新日:2016/03/22