シンガポール★ワーホリブログ|ワーキングホリデー|海外インターンシップ|留学|海外就職|

シンガポールでワーキングホリデーに参加した皆さんのブログ。日本の四大在学中・四大卒の18-25才の方が参加できます。

ワーキングホリデービザは1年間で2000名限定とのこと、締め切られてしまうことはありませんか?

シンガポールのワーキングホリデーについて良く寄せられる質問

よく寄せられる質問の一覧に戻る

ワーキングホリデービザは1年間で2000名限定とのこと、締め切られてしまうことはありませんか?

その心配はまず不要だと判断しています。

シンガポール政府はワーホリビザ発給人数の途中経過を発表しておらず、ビザの申請は年間を通して常時受け付けており、現時点で何名の方にワーホリビザが発給されたのか、残り何名の枠が残っているのかという情報は一切分かりません。

なお正確には1年間に2000名ではなく、『常時、有効なワーホリビザを持つ者の数が2000名を超えないようにする』と規定されています。その時点で有効なワーホリビザを持つ人数が2000名を越えた場合のみ、誰かがワーホリビザを返却しない限り、次の方が許可されることはない…という制度になります。ワーホリビザは6ヶ月間のみ有効ですので、1年間で発給可能な人数は2000名以上になります。

弊社では2007年12月のワーホリビザ導入開始以降、年間を通してワーホリビザの申請をしていますが、過去に2000名に達した為に許可されなかったことは一度もありません。しかし政府が状況を発表していない為、2000名を越えた為に許可されない場合でも、弊社は責任を負いかねること、ご理解ください。

2000名というと少ないイメージですが、シンガポール政府はワーホリビザの普及にそれほど力をいれていないため、知名度が低く、2000名を超えてしまうことはまずないのではないかと思います。

よく寄せられる質問の一覧に戻る

公開日:
最終更新日:2016/07/08