東南アジア経済の中心「シンガポール」でワーキングホリデーができます!
シンガポールのワーキングホリデーは、他国のワーキングホリデーとは大きく異なり、ビザを取得できる条件が厳しいのが特徴です。

条件1 18才以上~25才以下(26才未満)

条件2 対象国の大学に在学または卒業

条件3 ビザは6ヶ月間有効 延長不可

 

資源を持たない小国のシンガポールがこれからも経済発展を続けるには才能ある外国人の力が不可欠だとシンガポール政府は考えています。

ワーキングホリデー制度を使い才能ある若者がシンガポールでの生活・就労を経験することで、その中から将来シンガポールで働きシンガポールの経済発展に寄与する人材が出てくることがシンガポールにおけるワーキングホリデー制度導入の狙いです。

対象国とは?

日本・オーストラリア・フランス・ドイツ・香港・オランダ・ニュージーランド・スイス・イギリス・アメリカの大学に在学中または卒業した方が該当します。国籍ではなくどの国の大学か?で決まるのが特徴です。

対象国の大学とは?

対象各国の政府によって認められた大学が該当します。日本の場合、文部科学省に認可された大学です。

但し、全日制・在学生は大学に最低3ヶ月以上在学していることがワーホリビザの申請条件です。夜間・通信制は全日制ではないため対象外です。留学生別科・聴講生等、学士号を取得できないコースも対象外です。

注意:対象大学は世界大学ランキング200位以内のみ・日本の対象大学は旧帝大・東工大・早慶のみ・・・といった情報をネット上で見られますが、その情報はかなり古いものです。現在は大学ランキングに関係なくワーホリビザを申請できます。

ワーキングホリデー 条件を満たさない方は・・・

アルバイトは出来ませんが、学生ビザを取得して語学留学(英語)は年齢・学歴に関係なく可能です。

シンガポールは英語・中国語が公用語、人口の3分の1が外国人、シンガポール人も中華系・マレー系・インド系とまさにグローバル、多民族・多言語な環境。治安も良く、外国人が生活しやすい国です。

そんなシンガポールで語学を学び、様々な文化に触れ、ボランティアをしたり、近隣諸国に出かけたり、有意義な留学生活を楽しめます。また社会人の方(原則大卒以上)は留学後にそのままシンガポールで就職の可能性もあります。

弊社ではシンガポールへの語学留学支援も行っています。詳しくはこちらをご覧ください。

ワーキングホリデーはこんな方にお勧め!

海外インターンシップを経験したい大学生の方

シンガポールは成長を続ける東南アジアの中心地、経済がまさに動いているこの国で貴重な体験をしてみませんか? 社会に出る前の海外での就労経験はきっと貴重な財産になることでしょう。

シンガポールで就職を目指している社会人の方(25才以下)

シンガポールには日本人を対象とした求人が各種あります。営業・事務・経理・・・、あなたの経験を生かせる仕事を探してみませんか?

中国語圏でのワーキングホリデーを希望する方

シンガポールは英語・中国語が公用語、ビジネスでは英語が使われていますが、国民の多くは中華系の人々、だから中国語も普通に飛び交っています。中国語が出来ればそれだけ仲間意識も持ってもらいやすくなり、より深くシンガポール生活を楽しめるでしょう。

中国語専攻の方、中国や台湾留学経験者の方もシンガポールでワーホリを実現しています。

ワーキングホリデーの呼称について

ワーキングホリデーとは、2国間の相互協定に基づき、両国の青年が相手国で一定期間の就労を認められる制度を指します。

シンガポールのワーキングホリデー制度は、シンガポール政府が一方的に相手国を定義したものであり、2国間の相互協定によるものではありません。その為、シンガポールのワーキングホリデーは厳密に言えばワーキングホリデーの定義から外れていることになります。

しかし、外国の青年がシンガポールで一定期間の就労を認められる内容であるため、学歴の制限はありますが、既存のワーキングホリデーと大差が無く、「ワーキングホリデー」という呼び方が最もわかりやすいと思います。

その為、弊社でも「ワーキングホリデー」の名称を採用しています。なおシンガポール政府内では「ワークホリデープログラム」の名称で呼ばれています。

弊社がご提供するワーホリ支援サービスの詳細はこちらをご覧ください。