シンガポール生活 ❀チャイナタウン編❀

おはようございます こんにちは こんばんは おやすみなさい

ワーホリで滞在中のYUKAです

シンガポールに到着したのが1月末頃、ワーホリビザを取得したのが2月の上旬頃です。8月の上旬までがビザの期限です

到着してから約3週間、チャイナタウンにある寮に住んでいました。

今回は『チャイナタウン編』として、寮での生活等を記載したいなと思います

私は3人部屋×2 の部屋で暮らしていました

【2つ部屋があります】

【共有スペースです。】

寮での生活で大切なことは、相部屋の子との相性だと思います

私の部屋では(私含めて)2人でした

(ちなみに片方の部屋には、インド人→2人、フィリピン人→1人 の計3人がいました。)

1人分まだ空いている状態 3人部屋だけど実際は2人部屋ですね!!

これに関しては運が良かったのかなと思っています。

【ベットです。机の上はスタンプで隠してます。】

人が少ない方が気が楽…ですよね!?(これは私の意見です)

肝心の相部屋の子、イラン人の大人っぽい子(22才)でした。

すごく優しくて、気も使ってくれて良い子です

初対面の時に、挨拶しますよね。

『どこから来たの?』『何才?』とか…。

私は童顔で日本でも若く見られることが多いです

『26才だよ。』と言うと…『ほんとうに? えぇ??』みたいな感じの反応。そうだよねと思いつつ彼女が言ったのは『18才かと思った。』でした…。若く見られるのは嬉しいのですが、さすがに18才と言われると不思議な気持ちになりました。

日本人は若く見られます。童顔の皆さん、年齢を言うときは自分が思ってる以上に若く見られることがあります

話の内容を戻します。すみません

寮での生活は、近くにスーパーやコンビニ、ホーカー等あり駅やバスも近くで便利でした

便利…なのですが、ここからが重要です

私は体があまり強くなく、特にお腹が弱いです

冷えたりすると直ぐにお腹にきます

そんな中、シンガポールは暑いですよね

うん、暑いからエアコンをつける。わかります。

エアコンが寒いなーと感じた日が、多々ありました。

リモコンを見ると20度 寒いに決まってる。

お腹が弱い私、結果…お腹にきてしまいました

腹巻を持ってきて正解でした

お腹弱い方、腹巻必須!!です。

後、胃腸薬も。(私は正露丸を持ってきていました。)

私が寒そうにしていたのを気にしてくれ(寒くなるとパーカーを羽織っていたので)時々はエアコンの温度を上げたり止めてくれたりはしてくれていました。優しい子なんです

でも、それでも寒い時があります。エアコンのリモコンを見ると21度。あまり変わっていない… という出来事もありました。

海外でも国内でも生活する上で大切なことは、まず住む環境だと思うんです

私は、シェア(トイレやシャワー等)をするのは大丈夫なのですが部屋は1人の方が良くて…。結果として、今は引っ越して1人の部屋で生活しています。エアコンも自分で調節できて、1人部屋、気が楽です 快適です 引っ越してから体調が戻ったくらい…

【シャワー&トイレです。】

寮生活は、色んな子と知り合うきっかけの場でもあります。

気が合えば仲良くもなれます

文化の違いを学ぶのも面白いです。

でも体が弱い人や、神経質な人は我慢が必要になります

私みたいに引っ越した方が良い場合もあると思うので、住んでみないとわからないなと思います。

そして衛生面 日本と同じと思ってはいけません

小さなアリもいます…。

生ゴミの周辺には一列に並んでいました

ゴミもダストシュートという場所で捨てるのですが、これも問題がありました。私たちの部屋のダストシュートは、封鎖されていました

【ダストシュートです。】

これについては後にイラン人の子に感謝することになるのですが… ダストシュート、開けるとGがでます。あぁ…。好きな人なんていませんよね もう言葉にしたくないくらい嫌いです

私が住む前は使っていたそうなんですが、毎日のように出るとか。

それで駆除をしてもきりがないので、ガムテープ等で封鎖したのこと。その後に、私が住み始めたので結果として私はまだ見ていません。見たくないです。ほっとしています。

イラン人の子は綺麗好きみたいで、感謝感激です本当に。

なのでダストシュートは寮の時は使っていません。各自でゴミを捨てていました。ちなみに他の部屋では、(ダストシュートを使っているので)気が付いたらヤツがいるなんてことも耳にしました。恐怖しかないですね…

ということで虫が苦手な方は、シンガポールで殺虫剤も必須です!!!

過去のブログで、寮生活での相部屋の子とのトラブルがあったと記載している内容の方がいました

私の場合は人とのトラブルはなかったです。

特にイラン人の子と友達になれたのは良い経験です

今まで出会ったことがなかった外国人に会えるのは貴重ですよね

寮生活は、住む部屋と相部屋の子との相性が大切です。という紹介でした…。

次回では、チャイナタウンでの食事について記載していきたいなと思います。

この記事を書いたのは・・・

ユカ(社会人・女性)
ユカ(社会人・女性)
「ユカ☆★ワーホリ!で冒険 まーらいおん」
父親の仕事の関係で赤ちゃんの頃に住んでいたシンガポール。記憶にない第二の故郷に憧れてワーホリ生活に挑戦!