シンガポール★ワーホリブログ|ワーキングホリデー|海外インターンシップ|留学|海外就職|

シンガポールでワーキングホリデーに参加した皆さんのブログ。日本の四大在学中・四大卒の18-25才の方が参加できます。

タイ・ラオス・ベトナム旅行

      2018/10/12

こんにちは、ピーです。

お久しぶりです。というか、すでに僕は日本に帰ってきています。当初、6カ月間の予定でシンガポール入りしたのですが、諸事情により、帰国することになりました。

 

それで、実はですね、帰国する直前(4月22日から5月8日まで)の期間を使って、小旅行に出かけたんです。そのことを今日はご紹介したいと思います。なかなか、刺激の強い内容でした。東南アジアは、本当に味わい深いです!そして、東南アジアを回る場合、拠点にするなら、シンガポールですよ。各国への渡航費用が安いですからね。

シンガポールに留学する場合、東南アジアを格安で観て回ることができるというメリットがあるわけです。シンガポール押しはこの辺にしておいて、旅の紹介をはじめますね(笑)

 

まずは、ベトナムのハノイです。

587271518047433

バックパッカー達が集まる地域

587271698047415

ホアンキエム湖の北側

587271584714093

ホテルのツアーデスクで、ツアーが申し込めます。ツアーデスクがホテルに併設されていなければ、近くの旅行代理店で申し込めます。ツアーに参加すると、いろんな国の旅行者と知り合うことができます。1日ツアーで23ドル程度でしたか。

587853984655853

 

ハロン湾

 

 

588363601271558

「ホアルー・タムコック」ツアー

588363307938254

寺院がたくさん

 

続いて、ラオス・ヴィエンチャン。

589462821161636

寝台バスの中、これで22時間くらいかかった(笑)

589462694494982

イミグレ、歩いて移動する

591295424311709

パトゥーサイ(勝利の門)、でかい!

591295470978371

門に登って、市街を見渡す

591295604311691

市街地から少し北に向かったところにあるタートルアン?

589462384495013

メコン川沿い

ヴィエンチャンは、狭い町です。2日もあれば主要な観光名所を見て回ることができます。ただし、ブッダパークは車で1時間くらいかかるので、バイクを借りるかトゥクトゥク・タクシーを手配します。その他は、徒歩圏内にあるので自転車を利用します。

 

タイ・チェンマイ。

595560247218560

チェンマイ中心地を囲む堀

595560403885211

ターペー門

595567667217818

昼間は落ち着いた雰囲気、夜はレディボーイが出没(笑)

595568510551067

中心地から東に向かって、ピン川の西側にマーケットあり

595562147218370

夜のチェンマイ、ロイクロ通り

チェンマイの街は、中心部が正方形になっています。その中に、観光名所が詰まっています。主要なバーなどは、中心部外の東側にあります。町中にあるツアーデスクでツアーの申し込みができます。

595563303884921

 

ホテルで申し込んだ、トレッキングツアー

595564053884846

トレッキング、1時間くらい歩く、お年寄りや足の不自由な方はちょっとむりかも

 

タイ・バンコク。

595569787217606

フアランポーン駅の北にあるゴールデンブッダ

595569247217660

アソーク駅すぐ近くの宿。オーナーはベルギー人。朝食は屋上で

タイの首都。発展具合がすさまじいです。僕の地元の名古屋と比べたら、圧倒的にバンコクの方が栄えています。人の数、建物の規模・量とにかくすごいです(笑)。空港から目的地に移動する際に、タクシーを利用します。日本人だと分かると、ぼったくり価格を吹っかけてくるので注意です。

 

タイ・パタヤ。

595570643884187

パタヤの海岸

595570913884160

ウォーキングストリート、左右にバー、クラブ、ディスコ、レディボーイと何でもあり(笑)

海沿いのリゾート地ですか。ごきげんな人たちがたくさんいます。昼間からお酒飲んで。そこらじゅうに、バーがあります。各種マッサージも豊富です。夜になると、一段と活気が出てきます。朝まで、眠らない街ですね。夜の海岸沿いには、たくさんの女性たちが並んでいて、異様な光景です(笑)

 

旅の流れとしては、以下のようになります。

シンガポール→(飛行機)ベトナム・ハノイ→(寝台バス)ラオス・ヴィエンチャン→(VIPバス)タイ・チェンマイ→(飛行機)タイ・バンコク→(高速バス)タイ・パタヤ→(高速バス)タイ・バンコク→(寝台列車)タイ・ハートヤイ→(寝台列車)マレーシア・クアラルンプール→(マレー鉄道)シンガポール

 

バンコクからシンガポールまでは、上記の鉄道ルートをたどりました。鉄道の乗車時間は合計で40時間程度です。ハートヤイでの乗り換えで、8時間かかります。2日ちょっとで移動可能です。バスの方が早いです。飛行機なら2時間かからないくらいでしょうか。飛行機と比べても値段はあまりかわらないでしょう。鉄道旅を楽しみたい方におすすめです。寝台列車の居心地は悪くないですよ。

 

アナタもシンガポールでワーホリ・留学をしてみませんか?

「シンガポール留学支援センター」はシンガポール留学・ワーキングホリデーをサポートする日本人専門の現地留学エージェントです。シンガポール在住歴の長い日本人スタッフが皆さんのシンガポール留学・ワーホリをお手伝いさせて頂きます。詳しくは以下のホームページをご覧ください。

おすすめの記事

 - ピーのインターン日記, ワーホリ日記@シンガポール