シンガポール★ワーホリブログ|ワーキングホリデー|海外インターンシップ|留学|海外就職|

シンガポールでワーキングホリデーに参加した皆さんのブログ。日本の四大在学中・四大卒の18-25才の方が参加できます。

タイガービール工場

      2018/10/11

タイガービール工場見学に行ってきました!

工場に行く前にTiger Brewery Tourのページで見学の予約します。大人18ドル、子供12ドル。予約は埋まってることが多いみたいなので、予定が決まったら直ぐに予約を入れた方がいいかもしれません。

工場は、MRTでEast West LineのBoon Lay駅まで行き、バスターミナルで182番のバスに乗りかえ20分程。コカコーラの工場が見えたらバスの停止ボタンを押して下車します。降りたバス停の目の前のの建物が、タイガービール工場です。最寄り駅のBoon Lay駅を出ると直ぐにショッピングモールがあり、ビール工場に向かう前にご飯を食べられます。

P5201035写真:Boon Lay駅

P5201038 写真:駅のバスターミナル

ビール工場に到着し、インターネットで予約してきた事を伝え、見学開始です。

P5201042
写真:タイガービール工場

お客さんは、自分達しかおらずガイドの人を貸切状態。ハイネケンとシンガポールの飲料会社が合併してタイガービールができたなど、歴史やビール製造の仕方を聞くのですが、全て英語で半分も理解できないのでとりあえず、うんうんと頷いときます。
記念写真をとりつつ、工場見学は30分程で終了です。

P5201053写真:見学途中にあるオブジェ

さて、見学が終れば、お待ちかねのビール飲み放題です。時間は45分間で、7種類のビールの飲み比べができます(ハイネケン、ギネス、アンカーなど)。美味しいピーナッツのおつまみも食べ放題。
バーの雰囲気も良く、ダーツやビリヤードも置いてありました。
45分以上経つとお酒は飲めなくなるのですが、追い出されることはなくぐだぐだと3時間程過ごしました。

P5201078写真:飲めるビールの種類

P5201060写真:バーの様子

日本のビール工場見学にも行ったことはあるのですが、タイガービール工場見学の方がゆっくりと沢山の種類飲めるので、個人的にはタイガーの方が好きです。

土日、祝日は工場が閉まるので行っておらず、平日の10-17時(12時以外)に各1時間ごと。お酒が高いシンガポールで飲み放題なんて中々ないと思います。約2か月過ごしたシンガポールで一番おすすめできる観光地かもしれません笑

是非、行ってみてください!

 

 

アナタもシンガポールでワーホリ・留学をしてみませんか?

「シンガポール留学支援センター」はシンガポール留学・ワーキングホリデーをサポートする日本人専門の現地留学エージェントです。シンガポール在住歴の長い日本人スタッフが皆さんのシンガポール留学・ワーホリをお手伝いさせて頂きます。詳しくは以下のホームページをご覧ください。

おすすめの記事

 - Kazukiのインターン&留学日記, ワーホリ日記@シンガポール