シンガポール★ワーホリブログ|ワーキングホリデー|海外インターンシップ|留学|海外就職|

シンガポールでワーキングホリデーに参加した皆さんのブログ。日本の四大在学中・四大卒の18-25才の方が参加できます。

というわけで、帰国いたします!

      2018/10/11

こんにちわ、ピーです。

前回の記事でお話ししたように、

当初予定していたよりも早く帰国することになりました。というか、この記事を書いている今、すでに日本にいます(笑)

結局、シンガポールには約4ヶ月滞在し、ベトナム周辺で3週間程度過ごしました。

僕にとってシンガポールは、初めての海外。何から何まで初めて尽くし。最初のルームメイトはベトナム人で、彼のおかげで英語を話す練習ができました。バスの乗り方、海外の人たちのオープンマインド、カジノ、クラーキーの橋の上での飲み・・・。

初めての海外としては、悪くはない場所だと思います。治安は非常にいいし、タクシーは安い、東南アジアに近いので週末を使った小旅行ができる、アジア系だけでなく西欧の人たちも多い。
街はとても綺麗です。至る所にゴミ箱が設置されていますよ(笑)

ただ、お酒の値段は高いです。日本料理は高いです。ホーカーというローカルなフードコートで食べれば、一食5ドル程度で済みますが、日本食だとチェーン店でも15ドル程度かかります。

何はともあれ、シンガポールでの生活は最高でした。これから成長していく感じがヒシヒシと伝わってきます。そして、そこを離れてベトナムなどに身を置くと、成長前の手付かずな様子を体験することができます。

発達段階の異なるこれらの国々を体験して、翻って日本の現状と照らし合わせると今まで見えていなかった日本という国の特徴が如実に見えてくるはずです。いや、日本のトイレ綺麗だし、接客とか丁寧すぎてこっちが気を遣うし、街は静かだし、すごく落ち着いてる。僕の地元は名古屋なので、比較対象は名古屋なんですけどね(笑)

シンガポールでは油断していると、お金がすぐに吹っ飛んで行くので財布の紐はしっかり締めつつ、遊ぶところは遊ぶというメリハリが必要です。僕もこんなつもりじゃなかったんですけどね(笑)
本当はインド・ネパールも見てから帰りたかったんですが、お金使いすぎて、帰国することになったんですよねー。内緒ですよ(笑)

ということでまぁ、僕のハートリンクでのインターンシップはこの記事を持って終了となります。ハートリンクの皆さんは、明るく元気でどんな相談にも乗ってくれるので、これからシンガポール留学を考えている方々は気軽に相談をしてみてはどうでしょうか。

シンガポール留学をする人たちの幸運を祈って

それでは、今までありがとうございました。また、どこかでお会いしましょう(笑)

アナタもシンガポールでワーホリ・留学をしてみませんか?

「シンガポール留学支援センター」はシンガポール留学・ワーキングホリデーをサポートする日本人専門の現地留学エージェントです。シンガポール在住歴の長い日本人スタッフが皆さんのシンガポール留学・ワーホリをお手伝いさせて頂きます。詳しくは以下のホームページをご覧ください。

おすすめの記事

 - ピーのインターン日記, ワーホリ日記@シンガポール