シンガポール★ワーホリブログ|ワーキングホリデー|海外インターンシップ|留学|海外就職|

シンガポールでワーキングホリデーに参加した皆さんのブログ。日本の四大在学中・四大卒の18-25才の方が参加できます。

シンガポール無料テーマパークHaw Par Villaに潜入!

      2018/12/21

 

こんにちは。シンガポールでワーホリ中のMAIKOです。

 

突然ですが、シンガポールのテーマパークといえば入場料が少し高いイメージがありませんか?

なんと Haw Par Villa/ハウ・パー・ヴィラ にあるテーマパークは入場無料です!!!!

こちらでは旧称 Tiger Balm Garden/タイガーバームガーデン の名で親しまれています。

*タイガーバームとはシンガポールで販売されている軟膏のブランド名です。

さて、無料という言葉が大好きな私は早速行ってみました。
1

 

入り口はこんな感じです。本当に無料ではいれるの?と心配になるくらい立派です。

2

この、(旧)Tiger Balm Gardenでは

中国の儒教・道教・仏教などの様々な伝説を基にしたお話やオブジェを見ることができます。

オブジェの中には本当に奇抜なものも...

私が早速向かったのはこちら。どうやら”地獄”のようです。

4

 

そしてここが地獄の入り口です。

9

室内では物語に沿って「地獄に落ちた人間達がどのような仕打ちを受けるのか」ということを、

人形を使ってグロテスクかつ鮮明に表現されています。思わず目を背けたくなりました。(泣)

3

私が想像していた地獄を遥かに超えてました...

5

本当にグロテスク過ぎて写真はあまりとってません。

 

やっと地獄から抜け出し、ほかのセクションにも行ってみました。

テーマパーク内にはどこかで見覚えのあるオブジェから、ユニークなオブジェまで

たくさん見ることができます。

こんな感じです↓これは...鶏?奥の人?がシュールですよね。(笑)

7

そしてなぜか力士の姿も... 真ん中にはタイガーバームが!!!!

6

オブジェの中には物語に沿って建てられた物もたくさんありました。

その中の一つをざっくりと紹介します。

8

<青年が昔、売られていく一匹の亀を助け海に帰しました。その後、青年が乗った船が座礁し

沈没しかけた時、以前助けた亀が現れて少年を助けました。>

というような感じのお話しでした。

物語の説明文は、オブジェによっては日本語で書かれているものも多くあるのでぜひ行って見てください!

ちなみにこちらのテーマパーク、オブジェは ”地獄” 以外は屋外ですので涼しい日又は夕方に行くといいと思います。

私は午後の暑い時間帯に行きバテました...

奇抜なオブジェだけでなく中国の儒教・道教・仏教などの様々な伝説も見て学ぶことができたのでとても楽しかったです!

ぜひ一度行って見てください。

また更新します。

<Haw Par Villa情報>

名前: Haw Par Villa/旧称 Tiger Balm Garden

MRT最寄り駅: Haw Par Villa (黄色ライン)

入場料: 無料

時間: 一般エリア 9:00~19:00(最終入園時間 18:00)

地獄エリア(室内)9:00~18:00(最終入場 17:45)

アナタもシンガポールでワーホリ・留学をしてみませんか?

「シンガポール留学支援センター」はシンガポール留学・ワーキングホリデーをサポートする日本人専門の現地留学エージェントです。シンガポール在住歴の長い日本人スタッフが皆さんのシンガポール留学・ワーホリをお手伝いさせて頂きます。詳しくは以下のホームページをご覧ください。

おすすめの記事

 - maikoの新卒インターン日記, ワーホリ日記@シンガポール