シンガポール★ワーホリブログ|ワーキングホリデー|海外インターンシップ|留学|海外就職|

シンガポールでワーキングホリデーに参加した皆さんのブログ。日本の四大在学中・四大卒の18-25才の方が参加できます。

シンガポールスリングとラッフルズホテル

      2009/11/06

弱いくせに、酒が好きです。
さて、シンガポールで一番有名なカクテルは何と言ってもシンガポール・スリング。
「1915年、シンガポールのラッフルズ・ホテルのバーテンダー・厳崇文(嚴崇
文、Ngiam Tong Boon)が最初に作ったのが始まり」(Wikipedia参照)。
シンガポール国内にバーは沢山ありますが、その多くにシンガポール・スリング
が置いてあります。
かなり甘めのカクテルで、ハワイのマイタイに匹敵するのではないかと思います。
それほど多くの場所で試したわけではないのですが、何と言っても元祖シンガ
ポール・スリングが一番美味しい。
元祖、すなわちラッフルズ・ホテルで飲むシンガポール・スリングです。

CIMG1233

ラッフルズ・ホテルの2階と3階にロング・バーという名前のバーがあります。
ここは連日、観光客で賑わうところ。
ピーナッツが食べ放題で、その殻をそこらへんに捨ててもいい。
初めて見た日本人は面食らうことが多く、僕の友人はそうと知らずに従業員に掃
除するよう指示していました。
ここではシンガポール・スリングとタイガー・ビールが一番の売れ筋。
と言うか、それ以外の酒を飲みに来る客はほとんどいないような感じで、周りを
見ると誰もがシンガポール・スリングかタイガー・ビールを飲んでいます。
ちなみにタイガー・ビールは東南アジア一帯で超メジャーなビール。
シンガポールに工場があり、日本でも買えます。

CIMG1252

ラッフルズホテルと言えば、すぐに村上龍の『ラッフルズホテル』を思い出します。
あと、作家のサマセット・モームもラッフルズホテルがお気に入りだったそうです。
それと関係あるのかは不明ですが、MRTの駅名で「サマセット」というところが
あります。
ラッフルズホテルはシンガポールで最も伝統あるホテル。
一泊の料金は1000シンガポールドル(日本円でおよそ6万5千円)から。
いっぺんくらいは泊まってみたいものです。

アナタもシンガポールでワーホリ・留学をしてみませんか?

「シンガポール留学支援センター」はシンガポール留学・ワーキングホリデーをサポートする日本人専門の現地留学エージェントです。シンガポール在住歴の長い日本人スタッフが皆さんのシンガポール留学・ワーホリをお手伝いさせて頂きます。詳しくは以下のホームページをご覧ください。

おすすめの記事

 - ワーホリ日記@シンガポール, Taroのワーホリ日記