シンガポール★ワーホリブログ|ワーキングホリデー|海外インターンシップ|留学|海外就職|

シンガポールでワーキングホリデーに参加した皆さんのブログ。日本の四大在学中・四大卒の18-25才の方が参加できます。

シンガポールでは主流?シェアサイクル!

      2018/12/01

ハイサーイ!インターン中のTakashiでーす!

突然ですが、最近の僕のマイブームはサイクリングをすること。ウビン島でのサイクリングをきっかけに本島にいるときにも使うようになりました。そのとき便利なのが、タイトルにもあるシェアサイクル!

シンガポールでは、珍しいものではなく、安くで自転車をレンタルすることができます。それも場所を問わず!そんな便利なシェアサイクルを今回は紹介していきまっす!

シンガポールは、地下鉄とバスが充実しているから、自転車に乗る機会ってないんじゃないの?って方もいるはず。それも間違いではない。だけど、たまに駅から目的地が離れていることがあります。そのとき役に立つのがシェアサイクル。駅を出たらすぐそばの駐輪場に大抵置いてあります。探す手間もなく、目的地まですぐ行ける、便利ですよねぇ。

仕組みとしては、アプリを使って乗り降りを管理し、時間制で料金が発生します。誰でも乗れて、どこにでもあるからいつでも利用できちゃうのが良いところ。

シンガポールでは、シェアサイクルを展開している会社は、黄色のofoとオレンジ色のmobikeの2社。色が違うので一目でわかります。以前は、obikeという会社もあったのですが、今は撤退したらしい。

お0

ということで、2社の価格設定を比較してみましょう!

ofo Mobike
基本料金 $0.50/開錠1回+$0.50/15分
例 0分~15分=S$1 16分~30分=S$1.50
$0.99/20分
例 0分~20分:$0.99 21分~40分 $1.98
乗り放題 $8.99/30日間
※1回の使用につき最大120分まで
※自動更新
$7.99/30日間
※1日120分までなら何度も利用可能
※自動更新

 

お金はどちらも、クレジットカードまたはデビットカードから支払います。

観光客なら基本料金で乗った方がお得だけど、30日以上滞在+頻繫に乗りたいという方は乗り放題の方がお得。

使い方はどっちもほとんど一緒だから、今回はofoを例に紹介!

①まずは、app store または Google Playからアプリをインストール!

「ofo」「mobike」で検索したらこのアイコンが目印。

②アプリを開いたら、まずはアカウントとクレジットカードまたはデビットカードの登録!

③登録したら、マップでofo自転車が置いてある場所を探し、自転車についてるQRコードにスマホをかざすだけ!

位置情報で自転車がどこにあるのか一目で分かります!


注意:自転車によって、サドルがぐらついたり、空気が無かったり、ハンドルがとられてたりするから、かざす前に絶対に異常がないかチェックしてください!!

④スマホをかざし、しばらく待つと自動でロックが解除!あとは、自由にサイクリングを楽しむ!

⑤乗り終わったら、手動でロックをかけます。かけたら、アプリの方で施錠完了をタップ!何事もなければ使用料金が表示されます。

⑥料金は、クレジットから自動引き落としになります。

Mobikeも流れはほぼ同じ。ありがたいことに、日本語に対応してるから英語が読めなくても問題なし!

シンガポールに来たときは、ぜひ充実したサイクリングを楽しんでください!!

アナタもシンガポールでワーホリ・留学をしてみませんか?

「シンガポール留学支援センター」はシンガポール留学・ワーキングホリデーをサポートする日本人専門の現地留学エージェントです。シンガポール在住歴の長い日本人スタッフが皆さんのシンガポール留学・ワーホリをお手伝いさせて頂きます。詳しくは以下のホームページをご覧ください。

おすすめの記事

 - TAKASHIのトビタテ留学ジャパンダイアリー, ワーホリ日記@シンガポール