シンガポール★ワーホリブログ|ワーキングホリデー|海外インターンシップ|留学|海外就職|

シンガポールでワーキングホリデーに参加した皆さんのブログ。日本の四大在学中・四大卒の18-25才の方が参加できます。

にふぇ~で~びるシンガポール! ~I GO MY WAY~

   

ハイサーイ!インターン中のTakashiでーす!

ちなみに、タイトルのにふぇ~で~びるというのは、沖縄の方言でありがとうという意味です!

 

こんなことを書けるのも今回で最後。まずは、軽く自分のことを振り返らせてください。

9月24日にシンガポールに来て、10月1日~10月26日まで語学研修としてアセンダエデュケーションセンターへ。

10月29日~12月21日まで実践活動としてハートリンクでインターンシップ。

週末は離島に行ったり、日本語を話す会に参加したりして、10日間東南アジアを旅したりもした。

3か月間の短い間だったけど、非常に濃かったなぁ。

来たばかりの頃は、親元を離れ、友達もいない、相談できる人もいない環境で、「ヤバイ、3か月間無理だ、沖縄帰りたい」って感じだった。

だけど、今となっては帰りたくないとか思ってます(笑)。

今回の留学を通して、人は一人では生きられない、改めてそう思いました。沖縄のみんなと離れて、留学中に泣いた回数は数知れず(笑)。

いつもそばにいた人たちがいない、ただそれだけでぽっかり心の隙間が空いた感じ。何をしても満たされない、不思議で初めての感覚。

でも、日本語を話す会で徐々に友達が増え、ルームメイトともだんだん打ち解け、県人会でもたくさんの人に励まされ、いろんな人と関わっていくうちに心が安らいでいった。心の隙間が満たされていった。気づけばたくさんの人に支えられていた。

スマホのアルバムを見返して、これまでを振り返ってみても常に誰かに支えられている自分がいる。思えば、20年間生きてきて独りぼっちなんてことは一度もなかった。

ここでは、シンガポールで出逢った方々へ改めてお礼を言いたい。

インターンシップ先のみなさん、県人会のみなさん、語学学校のみんな、ルームメイトのみんな、日本語を話す会のみんな。

本当にありがとうございました。

みんなのおかげで3か月間楽しかったし、出逢えて良かったと心の底から思う。

この出逢いは他の誰にもない自分だけの一生の宝物。絶対に忘れない一生の思い出。

このブログを読んでくれたみなさんも、本当にありがとうございました。

僕が書いた記事が、ほんの少しでもこれから留学する人の助けになってくれると嬉しいです。

また必ず帰ってくるよ、シンガポール。また、みんなに会いに帰ってくるよ。

 

最後は、あの名言でお別れしましょう。

それでは、いつかまた、、、未来で…!

 

アナタもシンガポールでワーホリ・留学をしてみませんか?

「シンガポール留学支援センター」はシンガポール留学・ワーキングホリデーをサポートする日本人専門の現地留学エージェントです。シンガポール在住歴の長い日本人スタッフが皆さんのシンガポール留学・ワーホリをお手伝いさせて頂きます。詳しくは以下のホームページをご覧ください。

おすすめの記事

 - TAKASHIのトビタテ留学ジャパンダイアリー, ワーホリ日記@シンガポール ,