シンガポール★ワーホリブログ|ワーキングホリデー|海外インターンシップ|留学|海外就職|

シンガポールでワーキングホリデーに参加した皆さんのブログ。日本の四大在学中・四大卒の18-25才の方が参加できます。

シンガポールから1時間!ビンタン島

   

こんにちは!シンガポールでワーホリ中のKomaです。

1ヶ月前の話になりますが、シンガポールからフェリーで1時間、インドネシアのビンタン島に行ってきたことについて書きたいと思います。

私事ですが、先月誕生日だったので、シンガポールで出会った日本人の友人と3人で計画を立て、1泊2日で行ってきました。

まず宿泊先ですが、Cassia Bintanというホテルに泊まりました。

Cassia Bintanホームページ

ビンタン島の北の方にあり、プライベートビーチを所有しているので、部屋から海にすぐ行くことができ、プールもついていたので、ホテル近辺で十分楽しむことができました。

部屋はもともと2人部屋で、そこに追加料金で1つベッドを追加してもらう形で予約しました。

部屋の中もとてもかわいく、アメニティも充実していました。

ホテルの下に簡易的なレストランもついていたので、食事もそこで済ませることができました。

 

Mee goreng/ミーゴレン

ビーチの方にはバーカウンターがあり、そこでお酒を頼んで海を見ながらソファベッドで飲むという優雅なひと時を過ごしました :)

 

翌日の朝は宿泊費に含まれていて、バイキング形式でした。

そして海!めちゃくちゃきれいでした。

透明感があって、魚も見えました。

1泊2日で1人60ドルちょっとでした。

5,000円くらいです。いろいろなクオリティを考えると安い!と思います!

 

次にフェリー。

Bintan Resort Ferriesという会社のフェリーをインターネットで予約しました。

まず登録をして、情報を打っていったら、希望の日時を選択します。

このサイトではフェリーの予約の段階で一緒に行く人全員分のパスポート情報などが必要です。

9:50シンガポール発、翌日18:35ビンタン発の往復でとって、1人70ドルでした。

インドネシアはシンガポールより1時間遅いので、シンガポールを出発した時間と同じ時刻に到着しますが、帰りは2時間進んでいるので、体感としては過去に戻ったり、未来にいったり、という感じですね(笑)

フェリーでは座席が決まってなく、乗船した瞬間から早い者勝ちという感じでした。

 

最後にビンタン島での支出ですが、3人で行って1人70ドルほどだったと思います。

シンガポールでインドネシアルピアにある程度換金していきましたが、思ったより使わなかったなという印象です。

シンガポールドルと桁が違うので、私は訳がわからなくなっていました(笑)

フェリーで1時間で行けて、今回行ったようなリゾートのところに泊まったら、町の雰囲気にはあまり触れられませんが、都会の喧騒から離れられ、とてもリラックスできました。

 

ちなみにフェリーターミナルへは、Tanah Merah駅から、ターミナル経由の路線バスに乗ると着きます。

気軽に行けるのでおすすめです!

アナタもシンガポールでワーホリ・留学をしてみませんか?

「シンガポール留学支援センター」はシンガポール留学・ワーキングホリデーをサポートする日本人専門の現地留学エージェントです。シンガポール在住歴の長い日本人スタッフが皆さんのシンガポール留学・ワーホリをお手伝いさせて頂きます。詳しくは以下のホームページをご覧ください。

おすすめの記事

 - Komaのワーホリ日記, ワーホリ日記@シンガポール ,