シンガポール★ワーホリブログ|ワーキングホリデー|海外インターンシップ|留学|海外就職|

シンガポールでワーキングホリデーに参加した皆さんのブログ。日本の四大在学中・四大卒の18-25才の方が参加できます。

シンガポールからはじめまして!

   

はじめまして!10月からシンガポールに語学&ワーホリで留学中のShingoです!

私はトビタテ!留学JAPAN沖縄地域コース11期生として、10月→語学学校、11/12月→ワーホリでシンガポール生活をしています。これから12月まで、私のシンガポール生活とシンガポールで得た経験についてここで発信していきたいと思います!よろしくお願いします!!

これが私の初投稿なので、自己紹介をして行きたいと思います。

私は大学3年次が終わるころトビタテ!の11期生に応募しました。トビタテに応募した理由ですが、学生の間に一度だけでも海外に行って、友達を作ったり、語学力を少しでも伸ばしたり、海外でしかできない経験をしたかったというのとトビタテを通じて少しでも多く観光について勉強がしたかったからです。

ただし、トビタテではこの理由で応募していません!詳しくはここで書けませんが、試験官に向けて自分のことを大きくアピールする必要があるので、おもいっきり自分の話を盛って出しています!(もちろんウソは書いてないです!!)

そして、厳正なる選考の結果7月に正式にトビタテ11期生として採用されました!

トビタテの沖縄地域版では、9月に沖縄県内の企業・団体などでインターンをして10月に海外にトビ、語学学校で語学学習をして、11月/12月は現地でインターンをして帰国し、1月に再び、9月でやったインターン先でインターンをするという流れになっています。

シンガポールに来た理由は3つあります!

1つ目は、一人当たりの観光消費額がアジアの中で高いことです。私の地元沖縄の主要産業である観光業の課題で、もっと観光消費額を小さな沖縄という島で伸ばせないかと悩んでいる状態です。

2つ目は、国際会議、国際展示会が多く行われていることです。沖縄県が誘致に力を入れていて、普通の観光とは違い、シーズンがほとんど決まっていないことで閑散期の埋め合わせができることと、より高い観光消費が期待できます。

3つ目は、沖縄県よりも、狭い面積の中でありながら、大きな経済力を持ち多様な民族が共生している国家であることです。狭い面積でここまで大きな物事が循環しているシンガポールは、沖縄県が参考にすべきところが多くあると思います。

理由といきさつが長くなりましたが、これからシンガポールで学んだことや経験をこちらに随時載せていきます!よろしくお願いします!

それではまた!

アナタもシンガポールでワーホリ・留学をしてみませんか?

「シンガポール留学支援センター」はシンガポール留学・ワーキングホリデーをサポートする日本人専門の現地留学エージェントです。シンガポール在住歴の長い日本人スタッフが皆さんのシンガポール留学・ワーホリをお手伝いさせて頂きます。詳しくは以下のホームページをご覧ください。

おすすめの記事

 - Shingoのトビタテ日記, ワーホリ日記@シンガポール