シンガポール★ワーホリブログ|ワーキングホリデー|海外インターンシップ|留学|海外就職|

シンガポールでワーキングホリデーに参加した皆さんのブログ。日本の四大在学中・四大卒の18-25才の方が参加できます。

15.シンガポールの病院

   

こんにちは!

シンガポール滞在中のMikaです。

最近シンガポールに来てから初めて本格的に体調を崩しております…😱

 

いつになっても咳が引かない為、

日曜日に日系クリニックへ行ってきました。

海外初病院です!🙌

 

こちらの病院の流れは日本のものと全く同じ。

まず、受付で渡されたカルテに

・名前

・生年月日

・住所

・電話番号

・海外保険の番号

・具体的な症状

を記入します。

日系病院の為、英語・日本語両方で表記されておりました。

その後体温を測り、診察を待ちます。

 

私が通院した日は日本人の先生はお休みでしたが、

担当してくれた方は日本語も話せる優しい女の先生でした。

看護師の方も先生も、

ガッサガサのしわがれた声で発される、私の拙い日本語と英語をしっかり聞き取って下さいました。

 

「こっちの病院も、日本と全然変わらないなー」と思って病院をあとにしたのですが、

家に帰ってからびっくり😨!!!

 

シンガポールの薬は日本のものと比べ物にならない位、

飲みやすかったんです!!!!

こちらは抗生物質ですが、バニラ風味🍮


こちらは水に溶かして飲むタイプの薬です。

粉薬のような味を想像していましたが、これも全く違いました。

水に入れた瞬間、入浴剤のようにシュワシュワ溶け出し、

炭酸水になります。

味もライム風味で、薬だということを忘れてしまうほど。

今回風邪を引いて分かったのですが、

シンガポールには想像以上に多くの日系クリニックがありました。

それだけで不安が軽減されました。

また、ご存知の通りシンガポールは国土の小さな国。

それ故ほとんどの病院が行動範囲内にあり、通院にも便利です。

処方もこのようにきっちりと日本語で書かれており、

過剰摂取の心配もありません。

私が今回お世話になった病院は、

私が契約している保険会社とは提携外でしたが、

電話をしたところ、キャッシュレス診察の手配をしてくださいました。

 

シンガポールにはたくさんの日系病院があります。

安心してシンガポールに渡航してください😊

アナタもシンガポールでワーホリ・留学をしてみませんか?

「シンガポール留学支援センター」はシンガポール留学・ワーキングホリデーをサポートする日本人専門の現地留学エージェントです。シンガポール在住歴の長い日本人スタッフが皆さんのシンガポール留学・ワーホリをお手伝いさせて頂きます。詳しくは以下のホームページをご覧ください。

おすすめの記事

 - Mikaのインターン日記, ワーホリ日記@シンガポール