①シンガポールでコロナワクチン打ってきた!(ワクチン予約編)

みなさんこんにちは!
シンガポールでインターン中のニーナです。

昨日(7月1日)シンガポールで、1回目の新型コロナウイルスワクチンを接種してきました!
今回はちょっとしたアドバイスを含め
「①ワクチン予約編」「②現場リポート&その後の経過」
の2つに分けてブログを書いていきます☆彡


シンガポールでは7月1日からいよいよ39歳以下の在住外国人もワクチン接種が可能になりました!
それを聞きすぐさま予約したのが私(^_^)/

ということでさっそく新型コロナウイルスワクチンの予約方法について書いていきます!

さて、新型コロナワクチンを予約するためにはまず、興味表明のアプライをする必要があります。
MOHの対象サイトにアクセスし、必要な情報を入力して提出。
これでアプライは完了です。

少し経つとSMSでメッセージが届きます!

メッセージに記載されているURLをクリックすると、ワクチン予約のためのページに飛びます。

↓↓まずは自分の基本情報や健康状態等について入力します↓↓

↓↓次に「会場/ワクチンの種類、希望予約時間」を選んでいきましょう↓↓
ワクチンの種類は今のところモデルナとファイザーの2つです。
会場によってワクチンの種類が決まっています。

↓↓無事すべて入力が終わればこのような画面がでてきます↓↓

少したってから予約内容を知らせるSMSが届きます。

この確認のSMSが届けば無事予約完了です!!(*^^)v

 

「コロナウイルスワクチンのアプライをずいぶん前にしたのに、未だ予約用のリンク付きSMSが届かない・・・。」
という方は、もう一度アプライしてみてください。

私はワクチン予約開始ができる1か月前くらいにアプライしていたのですが
予約ができるようになっても招待SMSがなかなか届きませんでした。

しかし、6/30にもう1度アプライしてみたところすぐ予約用のSMSが届いたのです。
同じような状況にいた友達に教えたら、その子もアプライしなおしてすぐSMSが届き予約できました。

続いて予約の空き具合ですが、私が予約した時点では空きが多く、翌日のワクチン接種も選択可能でした。

ただ空きスロットは会場によってだいぶ差があるようです。
翌日でも空きがあるところから、1か月ほど先まで予約が埋まっているところまでありました。

良い立地の場所、ファイザー製の場所のほうが埋まっている印象です。
また、人気の時間帯もすぐ埋まっていくので早めに予約することをおすすめします。

最後にワクチン接種にかかる時間についてです。
私は6:30の予約で会場から出られたのは7;20くらいでした。

今の状況だと
ワクチン予約時間から会場を出られるまで1時間くらいかかる
と想定して予約時間を決めることがおすすめです。
(会場によってや混み具合によって差があるとは思いますが・・・・。)

次回は、Part2として「シンガポールでコロナワクチン打ってきた!(現場リポート&その後の経過」を書いていきます!

それではまた~☆彡