②シンガポールでコロナワクチン打ってきた!(現場リポート&その後の経過)

こんにちは!
シンガポールでインターン&ワーホリ中のニーナです。

私はシンガポールで7月1日に、1回目の新型コロナウイルスワクチンを接種しました。
前回(ワクチンの予約方法)に引き続き、今回のブログもそのことについて書いていきます!

本日の内容は
「シンガポールでコロナワクチン打ってきた!ーPart2」
現場レポート&その後の経過についてです!

私のワクチン予約時間は6時半。
10分前に到着するぐらいの予定で家を出ました。

ワクチン会場は少しアクセスしにくいところにあったのでGojekを使い、車で楽々移動♪
なんとGojek、めっちゃお得なキャンペーンをしていてワクチン接種のための移動なら2回まで無料で使えるんです(゚Д゚;)
見つけたときめっちゃ嬉しかった!
※GojekはUberやGrabと同じ配車サービス。

実際乗ってみてGrab等と比べ特に違いはなかったです。
無料だから使うのおすすめ!!

ワクチン会場に到着。
大きくてきれいなコミュニティーセンターでした。

到着したら列に並び、スタッフさんに予約確認画面とIDを提示します。
そして、健康状態等の質問に答えたり体温を計測したりしたのち
予約番号の書いた紙を受け取ります。

その後セーフディスタンスが守られた椅子に座りしばらく待ちます。
10分前に到着したのですがもう結構人がいました。

番号の呼び出しを受けたらいよいよ中へ。
まずは登録をします。

IDを提示し国籍・住所・電話番号等や健康状態の質問に答えたり
ワクチンの簡単な説明&リスクについて理解しているか聞かれたりしました。

それが終わると個室へ移動。

ドクターは若い男性でした。
ここでまたIDを提示したり、いくつか個人情報を聞かれます。
私が日本出身だと知ると、こんにちはと言われました(笑)

その後ワクチンの効果やリスクについて、さっきよりも詳しく説明を受けます。

ついに注射!!
めっちゃドキドキする~~

私本当に注射苦手です。
緊張が伝わったのか、リラックス~と言われました。

そんな注射は瞬間的な速さで終了。
全く痛くなかったです!

その後名前が呼ばれるまで、
コロナウイルスワクチンについての説明書を読みながら別の場所で待機します。

名前が呼ばれると気分の確認や2回目のワクチン接種予定確認等をして
COVID-19 VACCINATION CARDを貰います。

最後にお土産としてマスク1箱とエタノールを受け取り無事終了。
まさか、立派なお土産がもらえるとは驚きです!
特にマスク1箱はとっても嬉しい(^▽^)/

それでは、続いてその後の健康状態について話していきます。

ワクチン接種当日
コロナワクチン接種を受けた直後は特に何も症状はありませんでした。
注射もびっくりするほど痛くなかったです(*^^)v

平気そうだな~と思っていたら徐々に腕に痛みが生じてきました。
筋肉注射を受けたときに感じる独特な痛みです。

まあでもこんなものかという感じで、その後元気に友達とチャイナタウンで夜ご飯を食べました。

しかしその後腕の痛みが増してきて、洋服を着替える時がすごく苦痛に感じます。

ワクチン接種翌日
体調が悪化
全体的に倦怠感を感じ、頭痛がしました。
腕は痛すぎてあげられないし触ったら地獄です。
やはり特に洋服を着替えるのがつらい。
発熱はありませんが、夜にかけて倦怠感と頭痛は増していきます。
なかなか寝られません。
適しているのかわかりませんが、日本から持参していたロキソニンを飲んでみました。

ワクチン接種後3日目
まだ腕に痛み・倦怠感はあるものの昨日よりだいぶ体調が回復しました。
朝からセントーサ島に行き、アトラクションで遊んだり水族館を満喫。
しかし途中から頭痛・腰痛←(new)を感じ始めました。
腰痛はワクチンに関係があるのかわかりませんが、接種を受ける前までは特に問題はなく、急に痛くなったのでもしかしたら関連している?

ワクチン接種後4日目
すっきり目覚めることができ、症状もなく体調はとても良いです。
腕の痛みはまだありますがだいぶましになりました。(着替えが苦痛ではないレベル)

最後に全体的な感想です。
コロナワクチンは今までに受けてきた予防接種と比べて、注射するときは痛くありませんでした。
しかし、接種後の体調不良が目立ちます。

ただ腕の痛み以外は、体調が悪くなったものの外出できるくらいには元気でしたし
まあいいかという感じです。

ちなみに私が受けたのはモデルナでした。
同じ日に友達がファイザーを受けましたが
2日目の時に発熱した以外症状は基本的に同じなようです。

どちらを選んでもあまり違いはないのかなと思いました 😕

第2回目の接種は4週間後!
またその時リポートしていきます。

今回はここまで。
bye-bye