シンガポール生活 ❀引っ越し編②❀

おはようございます こんにちは こんばんは おやすみなさい

ワーホリで滞在中のYUKAです

前回に引き続き、引っ越し編を記載していきます

 

まず初めに、引っ越しを決めた理由について記載したいと思います。

ワーホリ含め留学でも、まずは住む場所を決めなければなりません…。

今回の場合、シンガポール留学支援センターの方に提案されたのがチャイナタウンの寮かHDB(又はコンドミニアム)でした。

私の希望としては…、

1人部屋がいい。(プライベートな空間が欲しい。)

周りに気を使いたくない。

半年間の生活予定のため、ストレスを感じない部屋がいい。

ざっくりですが、これらが理由になります。

以前のブログ、チャイナタウンの寮での生活について記載しました。

色々、問題ありでした…。もちろん寮での生活も良い経験になりました。

最初からHDB(又はコンドミニアム)に住みたかったのですが、住む前に見学や契約が必要になります。

そこでシンガポール留学支援センターの方に、まずはチャイナタウンの寮に1ヵ月契約(シンガポールに入国する際に住所が必要な為)を提案されました。その間に、部屋を探してください。とのことでした。

(部屋探しについては、引っ越し編①に記載しています。)

ここで1番重要なことを、記載します。

シンガポールの法律では、法律によりコンドミニアムは3ヵ月以上、HDBは6ヵ月以上の最低賃貸期間が定められています。

そう、HDBの場合は最低6ヵ月以上でないと部屋を借りるのは難しいのです。

ワーホリのビザの期限は、半年間有効。

私は、半年間滞在予定で来星しました。

もしHDBに住む場合は、ビザを取得した日から契約をしなければ部屋を借りるのが難しいのです…。(契約をした日に引っ越しをするかは自由。)

以上のことから、寮にいる間(ビザを取得するまでの間)に部屋を見つけて、今住んでいる所に(ビザを取得した5日後)引っ越しをしました。

寮での生活は約3週間でした…。HDBも含め、家賃を考えると少しもったいない…です…ね…

 

今住んでいるクイーンズタウン(HDB)の家賃は月$850です。

部屋の写真載せますね。

【物を置く前に撮った写真なので綺麗です。笑】

【机、鏡、棚もオーナーが用意してくれました】

【シャワー&トイレ(共用)の写真も載せます。】

 

そんなこんなで…今の生活環境は居心地が良いです

今まで実家暮らしで、1人暮らしはしたことがありませんでした…。

その為、部屋を自分で探すという経験も今回が初めてでした

部屋を探す&決めるのは大変でしたが、色んな部屋が見れて面白かったです

シンガポールでの冒険 色んな意味で自分にとって良い経験になってるのかなと思います。

 

はい、『引っ越し編②』これにて終わらせて頂きます。

この記事を書いたのは・・・

ユカ(社会人・女性)
ユカ(社会人・女性)
「ユカ☆★ワーホリ!で冒険 まーらいおん」
父親の仕事の関係で赤ちゃんの頃に住んでいたシンガポール。記憶にない第二の故郷に憧れてワーホリ生活に挑戦!