シンガポール★ワーホリブログ|ワーキングホリデー|海外インターンシップ|留学|海外就職|

シンガポールでワーキングホリデーに参加した皆さんのブログ。日本の四大在学中・四大卒の18-25才の方が参加できます。

シンガポールのベジタリアンレストラン

      2019/07/25

 

こんにちは、シンガポールでワーホリ中のManaです。

最近友人に誘ってもらってベジタリアンのレストランに行ってきたので、ご紹介したいと思います。

 

お店の名前は「Zhenyi Veggie Place」といい、MRT Ang Mo Kio駅(ノースサウスライン・赤色の線)が最寄りになります。

都心からは少し離れています。

駅から10分くらい歩いた、HDB(公営住宅)の1階にあるお店です。

平日の夜に行ったのですが結構混んでいて、人気店のようでした。

店内には写真のような6~7人席が3つほどあり、家族で来られるお客さんが多いのかなという印象です。

インテリアもカフェ風でとても可愛いです。

 

選ぶのに必死でメニューの写真を撮るのを忘れてしまったのですが、

ベジタリアンなのに「Fish」「Meat」など書いてあったりして、模倣して作られた食材を使っているのですが、面白かったです。

 

3品オーダーしたので紹介します。

 

1品目「Deep Fried Fish in Dark Sauce(揚げ魚に醤油?のようなソースをかけた料理)」

Fishと名前にありますが、本物の魚ではなく、魚を真似した料理です。見た目は結構魚っぽいのですが、味は揚げた豆腐のような味がしました!笑

でもソースととてもよく合っていて美味しかったです。

黒っぽい部分は海苔で、磯の香りでシーフード感を演出していました。

上に載っている細い黄色のものは生姜で、一緒に食べるとさっぱりして美味しかったです。

シンガポール人の友人は、さらに唐辛子を載せて食べていました。

このお店に限ったことではないのですが、シンガポールでは数種類のチリ(唐辛子を漬けてあるものや、チリソース、唐辛子のパウダーなど)が置いてあって自由に取ってよいスタイルのお店が多く、基本的に辛い料理が好きな人が多いんだなあと思います。

 

2品目「Hotplate Tofu(豆腐の鉄板焼き)」

鉄板で焼いた豆腐に、マーボー豆腐のタレみたいな甘辛でとろっとしたソースがかかっている料理です。

少し味噌のような味がした気も、、

私は3品の中で一番好きでした!

小さく刻んだ唐辛子が入っていて結構辛いのですが、後を引かない辛さでとても食べやすかったです。ご飯とよく合う味付けです。

豆腐は薄めの厚揚げ豆腐のような、周りが揚げてあって固めの豆腐でした。

 

3品目「Mixed Vege(ミックス野菜)」

八宝菜のような料理です。

ブロッコリー・カリフラワー・きくらげ・人参・めちゃめちゃ薄い豆腐を揚げたようなもの(写真の左側の茶色の具材)が入っていました。

 

3人で食べに行き、3品とご飯3つ、ドリンクを頼み、とてもお腹いっぱいになりました。

お会計は$40くらいでしたので、一人1,000円少しくらいしかかからなかったです。安いですよね!

 

このお店は中華料理風のベジタリアンだったので、お客さんも中国系の人を多く見ましたが、

色々な宗教の混在しているシンガポールなので、「豚を食べられない」「牛を食べられない」など制約がある人でも、ベジタリアンのお店なら誘いやすいなと思いました。

 

また国土が小さいため国を見て回るのも比較的簡単なシンガポールですが、普段の行動範囲はあまり広くなく、Ang Mo Kio周辺にも初めて行ったので、周りを見回して歩いてみるだけでも面白かったです。

誘ってくれた友人に感謝です!

本当に美味しかったのでまた食べに行きたいと思います。

アナタもシンガポールでワーホリ・留学をしてみませんか?

「シンガポール留学支援センター」はシンガポール留学・ワーキングホリデーをサポートする日本人専門の現地留学エージェントです。シンガポール在住歴の長い日本人スタッフが皆さんのシンガポール留学・ワーホリをお手伝いさせて頂きます。詳しくは以下のホームページをご覧ください。

おすすめの記事

 - Manaのインターン日記, ワーホリ日記@シンガポール