シンガポール★ワーホリブログ|ワーキングホリデー|海外インターンシップ|留学|海外就職|

シンガポールでワーキングホリデーに参加した皆さんのブログ。日本の四大在学中・四大卒の18-25才の方が参加できます。

シンガポールで病院に行く!

   

こんにちは!シンガポールで語学留学&ワーホリ中のNanaです!

 

先日あしをくじいてしまいました。

内出血して腫れてきたのですが、我慢したら歩ける程度の痛みだったので病院に行くか迷いました。

シンガポールに来てから今まで5カ月ちょっとの間、ケガもせず体調を崩したことも無く、病院に行ったことが無かったので、保険がきちんと適用されるのか、どこの病院に行けばいいのかよく分からず、面倒だし湿布でも貼っておこうと思っていたのですが、、、

親に相談したところ、保険も入っているしせっかくだから行ってみな!と言われたので、行くことにしました。

 

自分が入っている保険のキャッシュレス連携病院を調べたところ、オーチャードにある病院が予約なしでもOKで一番行きやすかったので、そこに行くことにしました。

オーチャードのパラゴンの10階にある“ジャパングリーンクリニック”という病院です。

受付のスタッフの方のほとんどが日本人で、私も日本人のスタッフさんに対応してもらいました。

患者さんももちろんほとんどが日本人で日本に帰ってきた感じがしました。

保険のことなど初めてだったので不安でしたが、丁寧に分かりやすく説明して下さりました。

ケガの症状と、保険関係の書類を記入して少しまってから問診してもらいました。

そのあと、外科の待合室に移動してすぐに診察してもらうことができました。

日本人の先生で、とても優しい先生で安心しました。

骨が折れているかもしれないからと念のためにレントゲンを撮ることになりました。

レントゲンを撮ってくれたのは現地の方でしたが、日本語で対応してくれました。

撮るときの体制の説明は英語とカタコトの日本語のミックスだったので、ここは日本じゃないんだ、と実感しました。

結果、骨は大丈夫でした。

捻挫だったので、湿布を出してもらうことになりました。

お会計をしてくれたスタッフさんも現地の人で、英語での説明でした。

お会計が終わってから湿布をもらいに行きました。

こちらのスタッフの方は日本人で、日本語で丁寧に説明して下さりました。

湿布も全部日本語表記です。

 

スタッフさんの対応も丁寧で、待ち時間も短かったので、行って良かったです。

帰国前にシンガポールの病院に行くという経験ができて良かったです。

 

最後まで読んでくださりありがとうございました!

アナタもシンガポールでワーホリ・留学をしてみませんか?

「シンガポール留学支援センター」はシンガポール留学・ワーキングホリデーをサポートする日本人専門の現地留学エージェントです。シンガポール在住歴の長い日本人スタッフが皆さんのシンガポール留学・ワーホリをお手伝いさせて頂きます。詳しくは以下のホームページをご覧ください。

おすすめの記事

 - Nanaのワーホリ日記, ワーホリ日記@シンガポール