シンガポール★ワーホリブログ|ワーキングホリデー|海外インターンシップ|留学|海外就職|

シンガポールでワーキングホリデーに参加した皆さんのブログ。日本の四大在学中・四大卒の18-25才の方が参加できます。

シンガポールの住宅事情

      2018/10/17

こんにちは、Ranzeです^^ シンガポール、だんだん暑くなってきました。年中夏の国とはいえ、4月ー7月が一番暑いそうです。。

さて、今日はシンガポールの住居について少しご紹介したいと思います。

シンガポールの住宅は大きく分けて、HDB、コンドミニアム、一軒家に分けられます。HDBとは、政府が開発した公団住宅で、普通MRT(地下鉄)の駅やバス停などの周りに立地していて、交通の便はとてもよく、さらにホーカーセンター(屋台型フードコート)や生活用品を売る店などが直結していたり、周りに連なっています。シンガポール人の8割はこのHDBに住んでいます。コンドミニアムとは、プールやシポーツジム、テニスコート、売店などの設備が設けられ、セキュリティガードもしっかりしていていて、一見リゾート地かとも思わせるような高層マンションで、家賃はHDBよりも高めです。??

アナタもシンガポールでワーホリ・留学をしてみませんか?

「シンガポール留学支援センター」はシンガポール留学・ワーキングホリデーをサポートする日本人専門の現地留学エージェントです。シンガポール在住歴の長い日本人スタッフが皆さんのシンガポール留学・ワーホリをお手伝いさせて頂きます。詳しくは以下のホームページをご覧ください。

おすすめの記事

 - Ranzeのワーホリ日記, ワーホリ日記@シンガポール