シンガポール★ワーホリブログ|ワーキングホリデー|海外インターンシップ|留学|海外就職|

シンガポールでワーキングホリデーに参加した皆さんのブログ。日本の四大在学中・四大卒の18-25才の方が参加できます。

シンガポール生活 日本食に勝るものなし!

      2018/12/21

ハイサーイ!インターン中のTakashiでーす!

シンガポールに来て、今日で50日以上が経過!これまでに何度、日本食が恋しくなったことか…きっと、留学するにあたって、食事が不安な人もいるはず。

ということで、今回は私がシンガポールで食べてきた日本食を紹介していきたいと思いまーす!

まず、一つ目がこちら!

照り焼きチキン定食~!シンガポールではチキンが人気なのか日本食屋さんでは、ほぼ必ず照り焼きチキン定食が置いてあります。主にショッピングセンターのフードコートにて見つけることができます。思っている以上にいろんなところに似たようなお店があります。値段はだいたい4.5S$~5S$程度と日本よりも格安で食べられます。

二つ目はこちら!

弁当風日本食屋さん!これは僕が住んでいるチャイナタウン寮のすぐそばにあるホーカーズの中の一店舗。ここは日本食だけでなく、中国や韓国の料理も提供しています。結構頻繁に行くからお店の人とも仲良くなっちゃった(笑)。この弁当風日本食の値段は5.5S$~6S$とちょい高いけど、味もボリュームも大満足!こういうお店もショッピングセンターのフードコートなどでよく見かけるので、気軽に食べることができます。

最後、三つ目がこちら!

これは、私の一番のおすすめ!親子丼!!こちらは、ブギスのブギスジャンクションというショッピングセンター内のフードコートで食べることができます。値段は本来なら5.8S$のところ、私が行ったときはプロモーション価格ということでなんと5S$で食すことができました!味は日本で食べるのとほとんど変わらないくらいめっちゃおいしい!!週3~4回は食べたくなるくらい!ちなみに、このお店はまだここでしか見たことがなく、ちょっとレア感があります(笑)。僕は頑張った時や疲れた時なんかに訪れて日本食を食べ体力を回復しています。

今回紹介したところの他にも、値段はちょっと高いけど、やよい軒や大戸屋など有名なチェーン店も多くあります!シンガポールに留学して、日本食が恋しくなったときはぜひ行ってみてください!!

最後にちょこっと豆知識。沖縄では食事を「ぬちぐすい(命の薬)」と呼ぶくらい大事にします。分かりやすく言うと、食事が一番の万能薬ということ。シンガポールで生活してみて、食って大事だなぁと改めて実感。その点、シンガポールなら日本食レストランがたくさんあるからすごく安心!さてと、今日も一日頑張りますかぁ!

 

アナタもシンガポールでワーホリ・留学をしてみませんか?

「シンガポール留学支援センター」はシンガポール留学・ワーキングホリデーをサポートする日本人専門の現地留学エージェントです。シンガポール在住歴の長い日本人スタッフが皆さんのシンガポール留学・ワーホリをお手伝いさせて頂きます。詳しくは以下のホームページをご覧ください。

おすすめの記事

 - TAKASHIのトビタテ留学ジャパンダイアリー, ワーホリ日記@シンガポール