シンガポール★ワーホリブログ|ワーキングホリデー|海外インターンシップ|留学|海外就職|

シンガポールでワーキングホリデーに参加した皆さんのブログ。日本の四大在学中・四大卒の18-25才の方が参加できます。

東南アジア一人旅で気をつけること。旅の心得。

      2018/11/20

こんにちはぁ(*´∀`*)

 

Miaです。シンガポールでインターンとかしてます。

 

 

本日は前回までの流れで、一人旅についてです

 

 

シンガポールは東南アジアの真ん中にあって、どこの国にも1~2時間半ほどで着くことができます。航空券も1万円前後ととても安いですし、隣国マレーシアへならバスで千円くらいで行けます✨

 

しかもほとんどが直行便。安く簡単に行けちゃいます😆😆

 

 

「それならシンガポールにいる間にいっぱい行っちゃおう…!」「行きたいけど誘う人いないな…一人で行こうかな……」という方に向けて、私が一人旅で感じたことをつらつらと書いていこうと思います😀

 

旅手帳。ハジレーンで1000円くらいで買ったやつ。

 

それではいきます!!!

 

 

★一人旅のメリット

・気軽さ。思い立ったら即行動!!

これが一番です。「あ、行きたい。行こう。」で即行動。旅程を決めるのも、旅中に目的地を決めるのも自分の自由にできます。気に入ったカフェに毎日行ってもいいし、お土産屋さんで2時間うろうろしてもよし。普段の生活だと知らない間にいつも誰かと関わって何かに縛られているんだなと気づきます。

 

・地元の人との交流

これはとても感じます。一人だと良くも悪くもめちゃめちゃ話しかけてきます。でも心なしかいい人が多い気がします。「何探してるの?」って聞いてきてさっと道教えてくれたりして、何度も助けられました。もちろん悪い人やぼったくりもたくさんいるので注意です🤨

 

・旅仲間との交流

特にホステルなどに泊まると、バックパッカーの欧米人などともおしゃべりできます。ネット上で繋がることもできますが、一期一会の関係というのもいいものです。同じホステルの人とトゥクトゥクをシェアしたりして安く済ませることもできます笑

 

・自分だけの思い出になる

自分の足で歩いて、自分で考え、自分一人で直に感じる。世界を開拓していくような感覚です。旅行じゃなくてこれは旅ですね。すごい楽しい。

 

 

 

 

★一人旅で気をつけること

・とにかく一人で人気のないところに行かない!!!!

一人旅なので、自分が消えてもしばらく気づかれません笑 笑いごとではありませんが…

路地裏には行かない。変な人についていかない。おかしいと思ったらすぐ逃げる。自分の身は自分で守ります。特に日の入り時間に気をつけましょう。田舎だと街灯がないところが多く、真っ暗になります( ゚д゚ )

 

・歩道がない。交通がカオス。

シンガポール以外の東南アジアは、全体的に歩道がありません笑 のわりにかっ飛ばしてきます。バイクが道のわきギリギリを飛ばしてきます。横断歩道もよくわかりません。道を横切るときはローカルの人にぴったりくっついて渡るのが楽です笑

 

・スリ&ひったくりはどこからでもやってくる

まず荷物を車道側に出してはいけません、バイクで持ってかれます。人込みでは荷物は抱えて持ちます。薄い生地だとナイフで裂かれて持っていかれるという話も聞きくので、私はせめて財布は背中のすぐ後ろにいれています。そしてポケットに入れていいのはスられていいものだけです!!!笑

 

・下調べが命

最初にお金をおろす場所、SIMカード、治安、交通手段、水、ビザ、おおまかな地図、日本大使館の場所、独特の文化などなど…

全部頭に叩き込んでから行きます。特におおまかな地図を頭に入れておくと、少し街を回るうちになんとなく自分がどこにいるのかをつかめてくるのでおすすめです👍

あとは少しでも現地の言葉を覚えていくと、仲良くなれます。勉強しましょう!スラマッパギ!!

 

・いったん人を信じない

観光地でなんとなく流れで案内してくれる人がいたら大体後からお金とられます笑 「ガイド??」って聞いてくる商売人のがまだマシです…(;´∀`)

お土産の値段に関しても、観光地だと「現地価格<外国人価格<日本人価格」だといいます。寛大な心か底まで値切る精神が必要ですね笑

そして怖い事ですが、謎にもらった飲食物には手をつけてはいけません。睡眠薬が入っていて荷物全部盗まれるってこともあるらしいので…

 

 

 

★実は必要な装備

・南京錠

ホステルのロッカーに鍵がついてなかったり。なんだかんだ役に立つ

 

・大量のティッシュ

トイレ用に。なんだかんだ役に立つ

 

・虫よけ

マラリアとかジカ熱とか怖いので。タイガーバームのやつが匂い凄まじくておすすめです。

 

・腹や腰に巻ける身体にぴったりつくウエストポーチみたいなやつ

服の下に隠せるやつ。私はここに1~2時間分の交通費とクレカ一枚を入れています

 

・斜め掛けできる小さなカバン

やっぱり大きなリュックは目立つので、ナイトマーケットや街歩き用

 

・旅手帳

スマホが死んでも生きていけるように。ホテルの住所や飛行機の時間、行きたい場所、買いたいお土産などいろいろメモしてあります笑

あとちょっとだけインディー・ジョーンズのきぶんになれます

 

・クレカを登録したGrab(アプリ)

Grabは東南アジア版Uberです。クレカを登録しておくと、手持ちの残金を気にすることもなく気軽に呼べます。たまに「おつりないわ!」とか言って多めにもらおうとする運転手もいるので!せこい!!😬😬

支払い方法は簡単に変えられるので、旅の最後は通貨を使い切るために現金で払うこともできます。

 

 

 

いかがでしょうか?

 

「一人で行ってくる!!!」って言うと、周りの人はものすごく驚きます笑 むしろたまに引かれます。かなしい…

 

でも私は一人旅をし始めてから、上手くは言えませんが自分が変わったように感じます。

もちろん計画性がついたり、注意深くなったり、人に優しくなったりといろいろありますが、単純に……つよくたくましくなった気がします笑

 

 

危ないことを理解して、ネットで過去の旅行者の経験を読み、しっかり注意していれば、「絶対大丈夫!!!」とは言えませんが、素敵な一人旅ができるのではないでしょうか

 

ちなみに私が今まで一人で行ったのは

マレーシアのマラッカ

 

ベトナムのホイアン

 

タイのバンコク

 

そしてインドネシアのジョグジャカルタです

 

首都よりも古都の方が治安がいい気がします

 

 

世界はひろい!!人生たのしい!!!

 

 

アナタもシンガポールでワーホリ・留学をしてみませんか?

「シンガポール留学支援センター」はシンガポール留学・ワーキングホリデーをサポートする日本人専門の現地留学エージェントです。シンガポール在住歴の長い日本人スタッフが皆さんのシンガポール留学・ワーホリをお手伝いさせて頂きます。詳しくは以下のホームページをご覧ください。

おすすめの記事

 - Miaのワーホリ日記, ワーホリ日記@シンガポール