シンガポール★ワーホリブログ|ワーキングホリデー|海外インターンシップ|留学|海外就職|

シンガポールでワーキングホリデーに参加した皆さんのブログ。日本の四大在学中・四大卒の18-25才の方が参加できます。

ばいばいシンガポール

   

こんにちは

 

Miaです🎆

 

9か月のシンガポール生活を終え、日本にいます。

 

絶賛燃え尽き症候群中です。はぁシンガポール。。。

 

 

思えば本当にあっという間でした

 

大学3年生の6月からたくさんインターンに行き、就職活動解禁を目前にした2月に急遽シンガポール行きを決め、急いで親を説得し、3月の末には飛び立ちました。

 

それは社会に出るということを考え始めたとき、「私は大学生活で何をしていたんだろう」「このまま社会に出て死ぬまで同じような生活をするのだろうか」「私はまだ何も知らないのではないか」という漠然としたもやもやを「まあいっか」で片付けられなかったせいだと思います

 

あとは単純に「1年くらい好きなことしてみたい!海外で暮らしてみたい!!」っていうのもあったけど笑

 

 

 

結果として、私は「休学も留学をしない」という選択肢はなかったなと思いました

 

世界各国から来た留学生たちやOB訪問でお会いした大学OBの方々、様々な目的をもってきた他の日本人留学生たち、個性豊かなルームメイトたち、旅先で出会って親切にしてくれた人たちや友達になった人たち、インターンやアルバイト先の方々

どの人からも新しい発見や気付きをもらいました

 

そして一人旅で得たタフさや計画力、いろんな文化への理解や目にした素晴らしい歴史的建築物の数々

時には凄まじいカルチャーショックを受けつつ笑

自分が日本でのんびりと生活していたのと同じ時がここでも流れていたんだなぁと不思議な気持ちになりました

 

これらのものがなかった私の人生はどうなっていたのか…あまり想像がつきません笑

それほど毎日が濃く、刺激的な9か月でした

 

 

 

留学中、特に前半は日本人もほとんどおらず、ひたすら外ではあたふたして1人になると自問自答する日々でした

「この選択は正しかったのか」から「そのままでも楽しかったのになぜ留学を選んだのか」「自分は何を求めているのか」「自分の幸せとはなにか」……

や、思い返してみるとだいぶ精神きてますね笑笑

ただこうやってひたすら自分を見つめて考えを整理する時間というのは、日本で常にスケジュールや課題、遊びなど何かに追われて生きている中ではなかなか見つけられないものだったのだなと感じました

暇になっても誰かと遊んだり何でもできますもんね!!

 

 

もしこの先海外に行くか悩んでいる人と出会ったら、私は背中を押すと思います

その留学がいいものになるか意味がないものになるかは留学中の自分次第ですが

もし自分が必要だと感じたなら、それは行くべきじゃないかなぁと

 

 

私はこれから復学し、就職活動が始まります。

まずは一旦自分がこの留学で得たものを整理し、改めて自分の未来について計画しようと思います。

 

 

ありがとうシンガポール!またいつかきっと。

 

 

P.S.シンガポールで一番楽しかった場所はシンガポール動物園(ナイトサファリじゃない方)です。

 

 

アナタもシンガポールでワーホリ・留学をしてみませんか?

「シンガポール留学支援センター」はシンガポール留学・ワーキングホリデーをサポートする日本人専門の現地留学エージェントです。シンガポール在住歴の長い日本人スタッフが皆さんのシンガポール留学・ワーホリをお手伝いさせて頂きます。詳しくは以下のホームページをご覧ください。

おすすめの記事

 - Miaのワーホリ日記, ワーホリ日記@シンガポール