シンガポール★ワーホリブログ|ワーキングホリデー|海外インターンシップ|留学|海外就職|

シンガポールでワーキングホリデーに参加した皆さんのブログ。日本の四大在学中・四大卒の18-25才の方が参加できます。

シンガポール学生寮比較②チャイナタウン寮

   

こんにちは。ミカです。

先日のシンガポール学生寮の比較記事の第2弾です!今回紹介するのはチャイナタウン寮です。

私は7月にクイーンズタウン寮からチャイナタウン寮に引っ越してきました。もちろんこれが初めてのシンガポールでの引っ越しでしたが思ったよりも荷物が多く移動がすごく大変でした。引っ越しの際、タクシーでクイーンズタウン寮からチャイナタウン寮まで移動しましたが、あっという間に着きました。チャイナタウン寮は名前の通り、チャイナタウンに位置しておりクイーンズタウン寮と打って変わってショッピングモールや大きなホーカーセンターなどがあり、とても賑やかな雰囲気です。最寄り駅はチャイナタウン駅かアウトラムパーク駅です。

寮の部屋は2人部屋、3人部屋、4人部屋があり、1つのユニットに2部屋あるので、シャワーやトイレは各部屋の倍の人数で共有します。私は3人部屋を利用しており、今同じユニットに6人で生活しています。ルームメイトは全員中国人で、私は、基本ルームメイトとは必要最低限の会話しかしません。部屋内の設備として、冷蔵庫、電子レンジ、IHクッキングヒーター、洗濯機があります。IHがあるので鍋など調理器具があれば自炊もできます。乾燥機はないので部屋干しをします。

ここで、チャイナタウン寮の私が思う、良かったところと困ったところをお話したいと思います。

良かったところ

・食事

・利便性

です。一つ目の食事に関してですが、寮の周りには本当にたくさんのお店があります。寮から出るとすぐに大きなホーカーセンターがあり、すぐ近くにマクドナルドやサブウェイなどが入っているショッピングセンターがあります。さらに、日本の品物が売っているマートやローカルスーパーもあり、食事には基本的に困りません。調理器具が手に入れば、あるいはルームメイトに貸してもらえれば、自炊もできるところもとても良いところだと思います。

二つ目の利便性に関しては、最寄りのMRT駅が2つありますが、計4つのラインにつながっているのでいろいろなところに行きやすいです。また、近くのショッピングセンターには、ユニクロやダイソーも入っており日本人の私にとってはとてもありがたく、ちょっとした買い物もすぐにできるので生活しやすいと思います。チャイナタウンの隣の駅のクラークキーにも、最近新しくドンキ・ホーテ(ドンドンドンキ)ができたりごはん屋さんもたくさんあったり、遊ぶ場所もたくさんあります。

困ったところ

・Wi-Fi

・清潔さ

です。一つ目のWi-Fiに関してですが、寮にWi-Fiはあるのですが、少し弱めだったり、1時間ごとに接続が切れることもあったりで、インターネットをよく利用する私にとってはとても困りました。

二つ目の清潔さですが、部屋にもよると思いますが、あまりきれいとは言えません。基本掃除は自分たちでするので、ルームメイトが綺麗好きだった場合はきれいに保たれると思います。水回りも同様です。それと室内は少し暗いです。

以上が、約1か月チャイナタウン寮で過ごした感想です。最初は、どうしようかと本当に困ったときもありましたが、案外住めるものだなと思いました。自分の工夫次第でいろいろ変えられると思います。ルームメイトとも会話する機会がたくさんある環境だと思うので、言語の上達に助けになると思います。

チャイナタウン寮はワーキングホリデービザを持っている人でも滞在できるのでこのブログにもたくさんの紹介記事があります。他の方の記事もぜひ参考にしてください。

アナタもシンガポールでワーホリ・留学をしてみませんか?

「シンガポール留学支援センター」はシンガポール留学・ワーキングホリデーをサポートする日本人専門の現地留学エージェントです。シンガポール在住歴の長い日本人スタッフが皆さんのシンガポール留学・ワーホリをお手伝いさせて頂きます。詳しくは以下のホームページをご覧ください。

おすすめの記事

 - ミカのシンガポール生活, ワーホリ日記@シンガポール