シンガポール★ワーホリブログ|ワーキングホリデー|海外インターンシップ|留学|海外就職|

シンガポールでワーキングホリデーに参加した皆さんのブログ。日本の四大在学中・四大卒の18-25才の方が参加できます。

シンガポールで家探し

   

こんにちは!シンガポールでワーホリ中のChihiroです。

 

私はゲストハウス滞在中に間借り先を探しました。

利用したのはシンガポールの物件Webサイトです。4つくらいを常に見ていました。

学校が始まる前には見つけたかったので、結構ハードだったと思います。

 

  • 間借り先とは…?

ホームステイやシェアハウスのように一部屋を借ります。

リビングやキッチン、トイレ、シャワールームは共用です。

 

ほとんどの物件が不動産を通しているので手数料がかかります。(物件によって手数料が変わります。)

全て英語なので、条件を読むのに苦労しましたが、たくさん掲載されているので自分好みの部屋を見つけやすいです。

 

  • 私の条件

・$800〜$850   ・通学30分くらい(乗り換えなし)   ・駅から徒歩10分以内

・女性だけor夫婦   ・簡単な調理可能 ・近所にお店がある   ・光熱費込み

 

家具やエアコンは大抵備え付けられているようです。

私は土地勘が全くなかったので、地理関係をサポートしてもらいました。


↑新しいHDB(公団団地)

 

数軒候補があがったら、どんどん内覧の連絡を取っていきます。

しかし、大抵返事が返ってきません。一番焦ります。

 

最初は内覧に1人で行くのはどうかと思っていました。ですが、とにかく返事が来ません。返事が来たと思ったら、その日の数時間後に内覧できると言われます。

 

…これは見に行ける所から行くしかないと思い、1人で行くことにしました。

↑カラフルHDB

 

内覧では設備や住んでる人を確認します。

人に関しては住んでみないと分からなかったりもするのですが。

 

というわけで、探し始めて5日で間借り先を見つけました。

 

内覧した件数 2件!

 

あまりにも連絡が取れなかったり、6ヶ月契約ができなくて断られたりしてたので、早い段階で決めました。

↑住宅の間には小さな公園があります。筋トレ遊具もあります。

 

綺麗な部屋と人柄の良さそうな感じ…逃したら見つからないかも…

他を見ている間にとられてしまうかもしれない…

 

いろんな不安が頭をよぎり、その日のうちに決めました。

条件内の家賃でしたが、手数料と合わせると自分の中ではやや高め…。

快適に過ごせることが最優先なので大目にみました。

 

契約はまた別日ということだったので、他の人に取られないよう、念押しのメッセージを不動産に送りましたね。笑

不動産の方が親切で、知っている日本語を入れてくれたり、分かりやすく説明し直してくれたりと不安が取り除かれました。

契約日には先駆け、ゲストハウスで使わない荷物を運び、引越しもスムーズでした。

↓吹き抜け式の我が家

現在、引っ越して約3週間が経ちました。

日本では2階までしか住んだことがないのに、今や高層階に住んでいます。不思議な感じです。

ということで、次回は家の中をご紹介します。

では、また〜。

 

アナタもシンガポールでワーホリ・留学をしてみませんか?

「シンガポール留学支援センター」はシンガポール留学・ワーキングホリデーをサポートする日本人専門の現地留学エージェントです。シンガポール在住歴の長い日本人スタッフが皆さんのシンガポール留学・ワーホリをお手伝いさせて頂きます。詳しくは以下のホームページをご覧ください。

おすすめの記事

 - Chihiroの社会人→ワーホリ!!, ワーホリ日記@シンガポール ,